ヤミ金解決のエストリーガルオフィス

占い 六星占術

六星占術
六星占術(ろくせいせんじゅつ)は、宗教家で占い師の細木数子が中国古来の易学や算命学、万象学などをもとに、提唱した(とされる)占い。
六星占術って何?携帯占い
芸能人が並ぶ
島田秀平手相占い

占命盤
占命盤には次の12の運気が示される。

種子(しゅし)……物事を開始する年。概して用神五行が生旺墓絶(天干十二運)で胎か長生を得るかのいずれかである。
緑生(りょくせい)……すべての影響が2倍になり、物事が成長する時期。ただし駄目になることもある。
立花(りっか)……基本的な方向が決まるかなり重要な時期
健弱(けんじゃく):小殺界……健康面での運勢が悪くなる時期
達成(たっせい)……物事の目的が達成される時期。空亡の地支の冲に該当する。当然用神が生旺する。
乱気(らんき):中殺界……精神的な面にダメージを受けやすい年。
再会(さいかい)……第2の出発点となる時期。失敗したことを挽回するのにも適している。
財成(ざいせい)……富が入ってくる時期。おおよそ財星が生旺するか、財多身弱の場合は比肩劫財で身財両停を得る、または食神傷官が財星に能く連絡をするかのいずれかである。推命家は常に財星のあり方に注意すべきである。
安定(あんてい)……現状維持の時期(新しいことを始めると翌年の大殺界で苦しむことになる)用神五行が帝旺を迎えている場合が多い。
陰影(いんえい):大殺界の始まり……季節でいうと冬の初期。大殺界が始まるので新しい事業などを始めてはいけない。用神が衰地にある場合が多い。
停止(ていし):大殺界の中央……季節でいうと冬の中頃。この年も昨年と同じく新しいことを始めてはいけない。この時期は必ず本人の生日を中心として空亡の二地支のいずれかに該当する。おおむね用神五行が衝撃を受けるか、剋されるかのいずれかである。用神は本人の生き方を象徴しており、それが害を受けることは確かに生き方の否定「停止」といえる。
減退(げんたい):大殺界の終わり……季節でいうと冬の後期。この年も大殺界なので新しいことを創めることは危険。


占い 六星占術運命星
占い 六星占術霊合星人
占い 六星占術占命盤


六星占術で占う運命星・運命数
携帯で占い 六星占術を知ろう
四柱推命 12星座占い ホロスコープ占星術 タロット占い 血液型占い 紫微斗数
携帯アフィリ